VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

Wismec Bellerophon RTAレビュー

Wismec Bellerophon RTA
本日もVapeSourcingさんの提供でWismec Bellerophon RTAをレビューします。Bellerophonは公式ページでは27mm径のアトマイザーという事になっていますが、これは最近流行りの膨らみのある形状のタンクの直径で、ベース部分は現在主流の25mm径アトマイザーです。特徴としてはコイルを装着するポスト部分から空気をコイルに当てる仕組みになっており、下から取り込んだ空気がポストの内部を抜けてコイルに横から当たるという独特の構造になっています。味の方は実際に吸ってみなければ何とも言えませんが構造的にRTAでよくゲンナリする漏れにはかなり強そう。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

Wismec Bellerophon RTA仕様

サイズ 27×47(mm)、スレッドとドリップチップ含む
種別 シングルコイル用RTA
タンク容量 4ml
付属品 予備Oリング、ネジ、ガラスタンク、六角レンチ、マニュアル他

Wismec Bellerophon RTA
いつも通り付属品から見ていきます。まずは定番の予備Oリング、ネジ、そのネジで使用する為の六角レンチ、標準装着と同じ形状のガラスタンク、コットン、フラットクラプトンコイル2個、後はマニュアルが付属。マニュアルは多言語の記載があり一応日本語の記載もあるので一通り目を通しておくと良いでしょう。それと上でも書きましたがアトマイザー径は27mmでもこれは膨らみのあるタンク部分で、ベース部分は25mmになっています。サイズの割にタンク容量が4mlなのは意外に少なめ。

Wismec Bellerophon RTA
写真はBellerophonをざっとバラした所。ベース部のエアフローリングは下側に引っ張れば抜き取る事が出来ます。バラす途中、トップキャップを外すまでは良かったのですがベース部と公式で言う所のベントパイプ、タンク内部から上部に繋がるパーツを外すのに苦労しました。リキッドチャージ用の穴2箇所にピンセットなどを引っ掛けてベースを回すと外しやすいと思います。標準装着のドリップは最近主流の810で510変換アダプタは付属しません。ドリップチップの素材は見た目的にウルテムでしょう。

Wismec Bellerophon RTA
Bellerophonをもう少し詳しく見ていきます。ネジ式のトップキャップを外した状態だと上部の穴からリキッドを注入出来るトップフィル構造。ベース部はエアホールが対になる形で2箇所あり無段階でエアフローコントロールが可能。コイルの装着は一旦上から入れて溝にコイルの脚を横から滑り込ませ上からネジ留めして固定。そして矢印を付けている個所が下から取り込んだ空気が抜けてきて吹き出してくる穴になります。コイルに対しては横から当たる形になりますが、これがBellerophon最大の特徴になります。過去に似たような構造だとWOTOFO Serpent SMMがありましたね。

Wismec Bellerophon RTAビルド

Wismec Bellerophon RTA
Bellerophonをビルドしていきます。今回は付属のコイルを使用しましたが内径3mmで5巻き、抵抗値は初期で0.25Ω、ドライバーン後は0.3Ωになりました。因みに付属コイルは最初から脚の長さも合わせてカットしてあるので設置は付属の六角レンチで上からネジ留めするのみで行えて楽でした。通したコットンは先をコットンフックで引っ掻いてふわふわにした状態で溝に収めましたが、その際にリキッドを染み込ませてしんなりさせておくと楽に行えます。

Wismec Bellerophon RTA感想

Wismec Bellerophon RTA
Wismec Bellerophon RTAの感想に行きます。ちょっと上でも触れましたがWOTOFO Serpent SMMと似た構造なのもあってあまり期待してなかったんですよね。そもそもWismecのアトマイザーで過去に凄く美味しいと思ったアトマイザーって記憶にないですし。しかし意外にもかなり美味しい。最近何かと美味しいと言っていますが、不味い、若しくは味が薄ければ自身のビルドを疑った方が良いのかも。私的にMTLを謳うタイプよりBellerophonのように抵抗値低めで出力高めで使うタイプのアトマイザーの方が美味しいと感じます。ドローはエアフローコントロール次第ですが、絞り過ぎるよりもそこそこ開けて吸った方が美味しい印象。それと漏れは予想通りほぼ無し。それでいて供給不足でコットンが乾く感じも全くなく良く出来ています。

標準のドリップチップでも十分美味しいのですが、810-510変換アダプタを挟んで細めの510ドリップチップで吸うのが私的に一番美味しいですね。最近凄く美味しいと思ったRTAでGeekvape Blitzen RTAがありますが五分五分ぐらいの美味しさ、それでいて運用面はBellerophonの方が上。良い意味で私の予想を裏切ってくれました。

最後に今回提供して頂いたWismec Bellerophon RTAはVapeSourcingでログイン状態で$32.77で予約受付中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 18/07/08)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事