VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kitレビュー

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit
本日もVapeSourcingさんの提供でWISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kitをレビューします。製品が届く前にModのLUXOTIC MF BOXの仕様の方をチェックしてたらディスプレイ付のタイプとディスプレイの無いタイプの2種類が存在すると勘違いしていたのですが手元に届いて真実が判明しました。標準では自身で出力調整が出来るディスプレイ付となっていますが、別途基盤が付属していてダイレクト出力の基盤に取り替えられるようになっています。私の想像の上をいく仕様ですが、更に特殊な特徴として基本はスコンカーではあるのですが内部のボトルを外してその位置にバッテリーを装着してデュアルバッテリーのModとしても使用出来るようになっています。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit仕様

■アトマイザー

サイズ 24×34.8(mm)、ドリップチップ、スレッド含む
種別 デュアルコイル用RDA

■Mod

サイズ 27.6×47.5×87(mm)
重量 実測157g
出力モード VW/Bypass/TC(Ni/Ti/SS)/TCR(M1/M2/M3)
ボトル容量 7ml
バッテリー 18650/21700

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit
いつも通り付属品から見ていきますが今回は沢山あります。まずアトマイザー用の方から行くと形状が異なるドリップチップ2個、Oリング、コイル2個、コットン、コイルの脚を固定する為の六角ネジ、そのネジの為の六角レンチ、標準ではBFピンが装着してありますが標準のModで使用する為のポジティブピン。次にMod用ではカバー用と基板用のネジ、そしてダイレクト出力用の交換用基板、18650用のバッテリースリーブ、バッテリー用のシリコンカバー、スコンカー用のボトル、デュアルバッテリーで使用する為のコネクタ、後はアトマイザー用とMod用のマニュアルになります。因みにいつもアトマイザーとModがセットの製品はアトマイザーの方から書いていますが、LUXOTIC MF BOXとセットのアトマイザーはGuillotine V2となっており過去にレビュー済みなのでこのページでは割愛します。

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit
上述通りアトマイザーのGuillotine V2はレビュー済みなのでModのLUXOTIC MF BOXを早速見ていきます。ファイアボタンがある面を正面とすると、正面にはファイアボタンのみで右側面に小型のディスプレイとプラスマイナスボタンが配置されています。それと左側面はマグネット式のカバーになっており左上の爪を引っ掻ける位置から取り外せますが、その左側面のカバーは更にマグネット式の小窓のカバーがありそのカバーを外す事でスコンカーとして使用中にボトルを押し込む事が出来るようになっています。

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit
では内部を見ていきます。バッテリーは標準では21700に対応していますが、付属のスリーブを被せる事で18650バッテリーも使用出来ます。因みに公式ページの画像で確認すると被せるのはプラス側です。バッテリー装着時、紐を下にしておくと外す時に紐を引っ張って楽に外せます。通常は左側にバッテリーを装着して右側にボトルを装着する構造になっています。矢印を付けている所はボトルの管の装着位置。ボトルはシリコン製でネジ式の蓋を外すと管も一緒に外れるよくある構造の物。

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit
冒頭の方でも書きましたがLUXOTIC MF BOXはデュアルバッテリーのModとしても使用出来ます。この場合はスコンカーとしては使えなくなる他、18650バッテリー2本のみ対応となります。デュアルバッテリーとしての使用方法ですが付属のアダプタをバッテリー装着位置に挟んで取り付けるだけ。このアダプタ自体は内部で固定しておく事は出来ないのでバッテリーを外す度にアダプタも一緒に外れる事になります。それと写真を撮る際にうっかりしていましたが、デュアルバッテリーで使用する場合は左側のバッテリーに付属のシリコンケースを被せて使用します。付けなくても使用出来ましたが安全性の為に付けましょう。

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit
LUXOTIC MF BOXの目玉と言って良いのか付属の基盤も見ていきます。標準では自身で出力値の調整や出力モードの変更が出来るVariable Voltageボードが装着されていますが、メカニカルっぽい動作?で使用出来るDirect Outputボードに交換出来るようになっています。しかしまさか基盤が別途付属するとは思いもしませんでした。交換方法はまずアトマイザー装着位置の周辺の4つのネジと底面の2つの計6個のネジを外してカバーを取り外します。次に基盤が固定してある7つのネジを外して基盤を取り換えて再度基盤とカバーをネジで固定。ネジは全てプラスです。これによりディスプレイとボタンが無くなり操作はファイアボタンのみとなります。ただVariable Voltageボード装着時にはBypassモードも使える訳で、これって必要かなという疑問も感じますね。

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit
Variable Voltageボードを装着している状態の操作関連を見ていきます。電源のオン/オフは定番通りファイアボタン5クリック、3クリックで出力モードの変更画面になりプラスとマイナスボタンで切り替えてファイアボタンで決定、プラスとファイアボタン同時長押しで表示の切り替え、マイナスとファイアボタン同時長押しでステルスモードのオン/オフ、プラスとマイナスボタン同時長押しでキーロック、電源オフ時にプラスとファイアボタン同時長押しでTCR値の設定とプリヒート機能の設定、マイナスとファイアボタン同時長押しでバッテリー情報表示、プラスとマイナスボタン同時長押しでディスプレイの表示を反転。他、TCモード使用時はファイアボタン4クリックで最大出力W値の設定となっています。

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit感想

WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kit
WISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kitの感想に行きます。Guillotine V2は割愛した為、実際にはLUXOTIC MF BOXのみの感想になりますが色々なスタイルで利用出来るというのがこのModの最大の魅力でしょう。纏めると21700バッテリーを装着したスコンカー、18650バッテリーを装着したスコンカー、18650デュアルバッテリー、シングルバッテリー、更にDirect Outputボードに取り替えてメカニカルライクに。ただ頻繁にスタイルを変えて使うって事は無いと思うんですよ。基盤変えたりは面倒だしスコンカーと通常のModとの使い分けよりはそれぞれ別にModを持っていた方が便利ですしね。ただ出来ないよりは出来た方が良いのは間違いないので、色々なスタイルで使い分け出来る部分に魅力を感じるならお勧め出来ます。

私的に気になった部分としては外観が金属ボディでしっかりしている分だけ重みがあるのと、スコンカーとして使用する場合のボトルの装着位置が奥の方にあるので管を装着し辛い部分ですかね。面白い製品だとは思いましたが記事を作るのに本当疲れました。

最後に今回提供して頂いたWISMEC LUXOTIC MF BOX with Guillotine V2 kitはVapeSourcingで $65.80で販売中。Mod単体のLUXOTIC MF BOXは$43.23で販売されています。どちらも送料無料対象品。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

Vapesourcing セール情報

Vapesourcing
現在Vapesourcingさんでは3日間のみのサマーセールを開催中。恐らく日本時間で月曜日のお昼過ぎぐらいまでだと思いますがクーポンコード : Summer適用で全商品が12%オフになります。それと期間限定で特定商品の大幅割引セールをやっています。現在はWotofo Recurve RDAが$20.30で販売中ですが後々Uwell Nunchaku 80W TC Modが$39.90といった割引セールが予定されています。ちょっと試しにWotofo Recurve RDAをカートに入れて決済の手前まで行ってみたのですが提示通りの額にはなりませんでした。

Vapesourcing
上の短期間の割引セールとは別に長期間の割引セールも行われています。まず$60以上の購入で10%オフ、$100以上の購入で12%オフ、$300以上の購入で15%オフになります。こちらもクーポンの適用が必要でそれぞれVS60/VS100/VS300となっています。他、同じサマーセールのページにリキッド3本購入で1本オマケが付くそうです。60mlで$3.9や100mlで$6.2の激安リキッドを扱われていますが、実は私も激安リキッドをVapesourcingさんから頂いていていずれレビューする予定です。この価格なら中国製と思っていたのですがラベルを見た感じアメリカ製ぽいんですよね。レビューする前に聞いていますが、アメリカ製でこの価格を実現してたら凄いな。

(掲載日 : 18/08/13)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事