VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTRELレビュー

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
本日はVapeSourcingさんの提供でWISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTRELをレビューします。少し前の記事で提供の話が出たけど送ってもらえるか不明と書いていた物で、ModはスコンカーでアトマイザーはコイルレスのRDTAになっています。興味深いのは言うまでもなくコイルレス構造のRDTAですが、コイルの代わりにWISMECで言う所のMesh Heaterというパーツを加熱してリキッドを蒸気化する仕組みになっています。過去にはCUBIS Maxが非常に似たパーツを使用するコイルレスのアトマイザーになっていましたが、KESTRELはどうでしょうかね。詳しくは下で。

Thank you VapeSourcing!!

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL仕様

■アトマイザー

サイズ 24×36.7(mm)、ドリップチップとスレッド含む
タンク容量 2ml
種別 コイルレスRDTA

■Mod

サイズ 25.5×43.5×78(mm)
重量 公称131.8/実測128.1g
出力 1-80W
出力モード VW/Bypass/TC(Ni/Ti/SS)/TCR(M1/M2/M3)
ボトル容量 6.5ml
バッテリー 18650
対応抵抗値 VW(0.05-3.5Ω)/TC(0.05-1.5Ω)

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
いつも通り付属品から見ていきます。標準でアトマイザー内にプリインストールされている物と同じMesh Heater、Mod内に装着済みの物と同じボトル、予備Oリング、写真に写すのを忘れましたが予備ガラスタンク、ネジ、ドライバー、六角レンチ、コットン、標準のポジティブピン、Modとアトマイザーの各マニュアルが付属。マニュアルは多言語で記載されていますが日本語記載もあります。またアトマイザーに装着されているポジティブピンはスコンクピンになっており通常のModで使用する際に付属の標準ピンに付け替えます。

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
アトマイザーのKESTRELの方から見ていきます。構造がちょっろ複雑でキャップを外すとMesh Heaterやコットンを固定するパーツがネジ留めされています。個々のネジはかなり小さいので付属のドライバーを使用。2つのネジを外すと固定パーツ、Mesh Heaterを取り外せますが最初からコットンも標準で装着されています。但しアトマイザーには機械油がべっとり付着していたので、私は標準のコットンは破棄して内部を洗浄しました。

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
KESTRELを更に見ていきます。タンク容量が今時たったの2mlですがスコンカーでの使用を想定して作られているので問題無し。キャップのエアホールとアトマイザーベースのエアホールをずらしてエアフローコントロールする仕組みになっていますが、一段下にある穴はリキッド注入用となっています。また、ドリップチップは810に近いサイズですが810変換アダプタは装着出来ず独自仕様となっている模様。

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
ModのLUXOTIC SURFACEを見ていきます。重量は実測128gとシングルバッテリーのModとしてはやや重い印象ですが金属で造られているボディは頑強でサイズはスコンカーとしては非常にコンパクト。但しバッテリーの着脱の際に外すサイドカバーやボタンの部分はプラスチックになっているようです。内蔵の専用ボトルはシリコン製で容量は6.5mlと標準的。

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
ざっと内部や操作関連を見ていきます。上述通りサイドカバーを外してバッテリーの着脱が出来ますがボトルの着脱は底面のボトムカバーも外す必要があります。サイドカバーもボトムカバーもマグネット式による固定です。ボトル内部にはリキッドを吸い上げる為の金属の管が入っている状態なので、横からは取り出せず下から引き抜き、装着する形になります。電源のオン/オフは定番通りファイアボタン5クリック。

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
操作関連の続きですがプラスとマイナスボタン同時長押しでキーロック/アンロック、ファイアボタン3クリックで出力モードの変更メニュー、ファイアボタンとプラスボタン同時長押しで設定メニューに入ります。ここのメニューでは左から戻る、パフ回数/パフ時間/ボルト表示の切り替え、ステルスモードのオン/オフ、プレヒート機能の設定、自動オフ時間の設定、バージョン情報、バッテリー情報の順になっています。他、TCモード使用時はファイアボタン4クリックで最大出力W値の設定、電源オフ状態でプラスマイナスボタン同時長押しで画面表示の上下を反転します。

KESTRELビルド

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
このタイプのアトマイザーはビルドが簡単だと思っていたのですが、KESTRELはちょっと面倒です。全部取り外してからだと最初にコットン、Mesh Heater、固定パーツの順に重ねていき最後にネジで固定します。その最後のネジが非常に小さいのでネジ留めするのに少々苦労しました。それと装着するコットンは標準で入っていた物が写真のように長方形に切られただけの物だったので、それと同じようなサイズにコットンを切って装着。Mesh Heaterの抵抗値は0.4Ωでした。

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL感想

WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTREL
WISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTRELの感想に行きます。まずアトマイザーのKESTRELについてですが、決して悪くはないです。悪くはないですが濃厚な味には全然届かない印象。RDTAとしてはしっかり下のタンクからリキッドを吸い上げてきて乾いた感じも無くキャップをずらして行うエアフローコントロールもヌルヌル動かせるし使い心地は非常に良いのですが、肝心の味は物足りなかったです。これはCUBIS Maxを使った時とほぼ同じ感想でした。装着出来るドリップチップが510でも810でもないので、手持ちのドリップチップが使えない不満はあるのですが標準のドリップチップでも悪くないと思いました。

ModのLUXOTIC SURFACEはちょっと重いという欠点はありますが、小さくて持ちやすくボタンの押し心地も良く不満に感じる部分は殆どありませんでした。操作関連も同じJoyetech系列のEleaf製Modと似たようなものですし、無難なスコンカーだと感じました。

最後に今回提供して頂いたWISMEC LUXOTIC SURFACE with KESTRELはVapeSourcingで$55.90で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任で。

(掲載日 : 19/06/12)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事