VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Modレビュー

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod
本日はGearBestさんの提供でYILOONG VAPE Predator 80wをレビューします。YILOONG VAPEのPredatorは過去にレビューしていますが、今回レビューするのは同じPredatorでも出力調整が出来るタイプ。外観はちょっと大きくなった以外は同じ3Dプリンターで作成されたボディで、パネルには昔の映画のプレデターを思わせるキャラクターが描かれています。おまけで付いてくるアトマイザーは今の時代にはそぐわないかなり残念な仕様ですがメインのModは待望の自身で出力調整出来る軽量スコンカーで、かなり私好みの造りになっています。詳しくは下で。

Thank you GearBest!!

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod仕様

■アトマイザー

サイズ 24×27(mm)、ドリップチップ含む
種別 デュアルコイル用RDA

■Mod

サイズ 26×56×84.5(mm)
重量 実測89g
出力 1-80W
出力モード VW/Bypass/TC(Ni/SS)
バッテリー 18650
ボトル容量 15ml
対応抵抗値 VW(0.1-3.0Ω)/TC(0.05-1.0Ω)

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod
いつも通り付属品から見ていきます。一見単線に見えたのですが中央の部分だけ特殊な加工が施されているコイル2個、コットン、予備Oリング、ネジ、ドライバー、マニュアルが付属。マニュアル以外は全部アトマイザー用の物になります。また、マニュアルの記載は全て英語のみ。アトマイザーのポジティブピンは最初からBFピンになっており標準のポジティブピンは付属していないのでBF専用。ただマイナスドライバーでポジティブピンを外す事は出来るので適合するピンがあれば標準Modでも使えそう。

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod
かなりオマケ要素が強いのですがアトマイザーをざっと見ていきます。おおまかに分離するとアトマイザーベースとキャップ兼ドリップチップの2つに分かれますがサイドエアフローはエアフローコントロールがありません。そしてキャップと一体となっている事もあってドリップチップも510/810サイズどちらも付ける事が出来ませんし、キャップもベースにきっちりハメにくかったり今時のRDAとしては造りが良くない印象。コイルの装着はポールの穴にコイルの脚を通して上からネジ留めする仕組みでシングルコイルだと悪くないのですが、デュアルコイルありきだと1つの穴に2つの脚を同時に固定する必要があるので、事前に脚を適度な長さで切っておく必要があったり面倒な部分があります。

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod
早速Predator 80w Modを見ていきます。ボタンは出力調整機能のあるModでは一般的なファイアボタンと+-の3ボタン。+-ボタンの下にあるUSB端子から装着しているバッテリーの充電も出来ます。出力調整機能の無い方のメカニカルのPredatorはカバーが本体にキッチリなサイズで作られていましたが、こちらは少し遊びがあるサイズでカバーの取り付け取り外しがし易くなっています。カバーの固定はメカニカルの方と同じくマグネット式。ボディの素材はABS樹脂だそうでザラザラした手触りで高級感は無く安っぽさも感じますが、何より軽いのが魅力。

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod
カバーを外した内部を見ていきます。メカニカルのPredatorが18650の他に20700バッテリー対応だったのに対してこちらは18650のみ。内蔵のボトル容量が15mlというのは過去に見てきたスコンカーの中でも最大容量。ボトルの素材は大体かなり柔めのシリコンが多くメカニカルの方もそうでしたが、こちらは弾力がもう少し強い素材が使われています。バッテリー装着部のすぐ右横に出力を制御するチップなどが内蔵されているようで、その分だけメカニカルよりもサイズが大きくなっている訳ですね。

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod
操作関連を見ていきます。定番通り電源のオンはファイアボタン5クリックですが、ちょっとだけ特殊なのはオン状態でファイアボタン5クリックだとオフではなくシステムロックという状態になります。システムロック状態で+とファイアボタン長押しでディスプレイ表示の反転、-とファイアボタン長押しでコイルの抵抗値ロック、システムロック解除はファイアボタン5クリック、ファイアボタン3クリックで出力モードの表示を点滅させて+-ボタンで出力モードの変更、ファイアボタンクリック後、[SYS]の表示点滅後に+ボタンで決定、-ボタンで電源オフになります。他、+-ボタン同時長押しでキーロックになります。システムロックと電源オフが分かれていますが、慣れている人なら特に混乱は無いでしょう。

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod感想

YILOONG VAPE Predator 80w Squonk Mod
エアフローコントロールも無し、ドリップチップも付けられないという事で付属のRDAはとてもビルドする気にならなかった割愛というより省略。アトマイザーの方は要らないのでその分だけ安くしてもらった方が殆どの方は絶対嬉しいと思いますけどね。ただModは良いです。メカニカルのPredatorと比べて約20g重くなっていますが、それでも89gと18650対応の一般的なModの中でも軽め。冒頭の方でも書きましたが出力を調整出来るスコンカーで軽い物はそんなに無いので、凄く気に入りました。機能の方は最近のModと比べて若干劣る所もありますが、公式ページによるとこのModにはDNA75搭載の物もあるとか。外観は安っぽさはあっても実用性は非常に高い、そんな感想になります。

最後に今回提供して頂いたYILOONG VAPE Predator 80w Squonk ModはGearBestで$59.34で販売中。海外ショップの利用は多少なりトラブルも付きものなので自己責任でお願いします。

(掲載日 : 18/06/06)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

現在この記事に投稿されたコメントがありません。

お名前 :

サイト内検索
3avape
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事