VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
AVE40

本体無しでPloom TECHを吸うぜ!

Ploom TECH
近年タバコ離れが進んでいる中、小さなブームになっているのがiQOSやPloom TECH、gloといった加熱式タバコ。いずれも需要に供給が追いついておらずプレミアム価格で転売されている事も多々目にします。さて今回はその加熱式タバコの中の一つ、JTのPloom TECHのお話。2016年3月に発売されてから現在までずっと入手困難な状態が続いていますが、タイトルにある通りちょっとした裏技でPloom TECHの本体無しでPloom TECHを吸っちゃいます。既存のベイパーならPloom TECH用のタバコカプセルを除いて特殊なパーツ1個で吸えますが、そうじゃない場合は3,000円程度の出費が必要になります。

Ploom TECHの構造と仕組み

Ploom TECH
Ploom TECHの構造って結局の所、昔からある電子タバコとほぼ同じでバッテリーの先にアトマイザーに相当するカートリッジを装着して更にその先にタバコカプセルを装着して使用します。カートリッジ内にはコイルとプロピレングリコール(以下PG)、グリセリン(以下VG)の混合液が入っていて、この液体をコイルで加熱し蒸気化してタバコ葉が刻んであるフレーバー付きのシャグ入りタバコカプセルを通った蒸気を吸う仕組みになっています。因みにタバコカプセルは現在Ploom TECH公式サイトで販売していて在庫も潤沢にある模様。購入には会員登録が必要ですが、私はPloom TECHより一世代古いPloomの購入経験があるので既存のアカウントで即購入出来ました。

Ploom TECH
そのタバコカプセルが左の写真。1箱に5つ入っていてカートリッジが1つ付属。つまりPloom TECHを吸うには、品切れの純正バッテリーじゃなくてもカートリッジに適合するバッテリーさえ用意すれば良い訳です。そしてそのバッテリーは901というかなり古い接続規格なのですが、元々は電子タバコで使われていた規格なので純製品じゃなくても探せばどうにでもなる物なんですね。Ploom TECHの専用バッテリーの場合、50パフでタバコカプセル交換サインのランプ点滅があったり、吸い込んだら自動で電源が入るオートスイッチや吸っている最中に先っぽのランプが光るギミックになっていますが、そんなものは要らないでしょう。少なくとも私にとっては不要です。

Ploom TECHの901接続規格の解決

Ploom TECH
裏技の肝となるのが左のコネクタ。510 to 901とか510-901、アダプタとかコネクタとか呼び名は色々。Amazonで検索すれば901規格のバッテリーそのものが売っていると言えば売っているのですが、私はこのコネクタを使う方法をお勧めします。元々この方法は貴族動画の二番煎じではあるのですが、このコネクタをPloom TECHのカートリッジに接続すれば現在広く普及している510規格やeGo規格の電子タバコ用バッテリーと装着出来るようになります。但し動画内でも言っているように対応する最大抵抗値が3Ωまでといった場合は動作しない可能性があります。

Ploom TECH
私がまず最初に510 to 901コネクタを使って接続したのがiStick Picoですが、抵抗値が3Ωちょっとありました。使い続けていく内に3.2Ωほどになります。ただiStick Picoではサイズ的にも重量的にもそぐわないので、ペン型のeGo規格の物やMini iStickに装着して使用。コネクタの901側の接続がやや浅い気がするのですが全く問題なく動作。で、この510 to 901コネクタをどこで入手するかという話ですが、海外からだと殆ど見た事の無いお店しか扱っていなかったので私はヤフオクから入手。即決480円で送料100円だったので合計580円。普通にお店で購入したい場合は貴族のお店のNexmokeで780円で販売していますが、送料入れると約1,000円。他、こういう物はいかにもFTとかで売っていそうですが在庫切れでこの先も入荷しないと思われます。

Ploom TECHでお勧めのバッテリー

Ploom TECH
国内ショップ前提で話を進めるとTHE VAPESHOPさんで販売しているEVOD TWISTの1,200円の650mAhか1,320円の1,000mAhがお手頃価格でお勧め。Ploom TECH純正のバッテリーが210mAhなのに対して3倍以上の容量、互換を謳う901規格のバッテリーはせいぜい300mAh程度なのでバッテリー容量的にお勧めなのですが、それだけではなくこのバッテリーは下部のダイヤルを回して出力電圧を調節出来るのが最大のお勧めポイント。Ploom TECHは吸い始めの方は結構きついんですけど出力調節出来たら吸い応えも調節出来るので吸い応えをある程度は強めたり弱めたり出来ます。但しeGo規格のバッテリーは別途充電に専用ケーブルが必要になるので、こちらも同店で一緒に購入しておく事をお勧めします。因みに私もこのお店でEVOD TWISTを購入していますが、コネクタを通した動作確認済みです。

他、海外ショップからもっと安くて色々な種類のバッテリーを探してみるのも良いかもしれません。現在は殆どが510規格の物が主流ですが、上でちょっとだけ触れたMini iStick何かはmicro USBケーブルで充電出来て専用ケーブルが要らないので国内で買うと高いけど海外ショップからなら中々お勧めです。

Ploom TECHの味と吸い応え

私が購入したタバコカプセルはMEVIUS RegularとMEVIUS Cooler Purpleの2種。現在3種しか無いので3種全部買おうかと思ったのですがRegular以外の2種はメンソールなので止めておきました。で、レギュラーはやっぱり普通のタバコとは違いタバコからあらゆる癖を抜いたような味。吸い始めはそんなに味がしないのですが吐き出す時にタバコの葉ぽさと渋味、若干の苦みを感じます。ただRegularは普通の電子タバコのように甘くないしどこかにタバコを感じる事が出来て私は好き。Cooler Purpleはまんまブルーベリーの香りのメンソール。メンソールが入っている分だけ吸い応えはこちらの方が強いのですが、私はメンソールがどうも苦手。これを吸うぐらいなら普通に電子タバコで良いかな。

専門用語でスロートヒットと呼ばれる喉へのキック感ですが、タバコカプセル交換直後の吸い始めは結構あります。3.8V程度の出力で普通のタバコ並みに私は感じましたが、5パフぐらいからかなり弱くなって吸い応えはライト並みに。1カプセルで50パフ分らしいのですが、私が深く吸うのが原因なのか良くて20パフか30パフぐらいが寿命でした。

Ploom TECH
最後にちょっとオマケ。もう510 to 901変換コネクタ何て面倒な事せずに電子タバコのアトマイザーのドリップチップ装着口に直にタバコカプセルを装着。そのままだとユルユルなのでビニールテープで1周無いぐらいの長さで巻くと丁度良い具合にはまります。そしてこの方法で普通に吸えます。こうなってくると普通に電子タバコでニコチンリキッドを吸えば良いって話ですが、国内からニコチン源を入手出来るのは重要だと思うんです。Ploom TECHのタバコカプセルは東京からクロネコのネコポス発送で地方在住にも拘らず注文から3日後の日曜日に到着、都心の方在住なら翌日辺りに着きそう。ニコチンリキッドは海外からしか買えませんからね、こういう選択肢を確保しておくのも一計だと思いますよ。

(17/06/11追記)ベプログショップさんご協力の元、続編に当たる続、本体無しでPloom TECHを吸うぜ!を更新しました。

(掲載日 : 17/05/30)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

No.1 どこかのいつもの匿名さん 投稿日 2017/05/30 07:49
お久しぶりです。
プルームのタバコカプセル入手が異様に面倒で、901コネクタは既に入手済ですが、まだ手を出せずにおりますw
都内だと自由が丘だかに店頭販売しているタバコ屋があるみたいですが、そっち方面全然行かないですし…
7月辺りから、都内一部タバコ屋でカプセル販売は始まるみたいですが、職場近くのタバコ屋に入るかどうか…

公式サイトが送料かからなければ、すぐ買うんですけどね
ヤフオクやらもタバコカプセルの方はアウトみたいでカートリッジはいっぱい出てますね
No.2 Takeyama 投稿日 2017/05/30 17:54
いっとくさん、こんにちはお久しぶりです。
一部地域除いて普通のタバコ屋での入手は殆ど無理で、それ以外はオンラインショップからっていうのはえらくiQOSから遅れちゃいましたね。さっさと全国販売しちゃえばと思うのですが本体の生産が追い付いてないからこんな状況になってるんでしょうな。

因みに送料はネコポスで270円でしたが1個か2個購入だと割高、タバコカプセルのみなら10個までOKらしいので10個買いなら大した送料じゃ無いですね。既にコネクタ持ちって事で味見用に1個でも近隣で入手出来るお店があると良いですねぇ。
No.3 貧Vapor 投稿日 2017/05/31 12:21
こんちはー。密かに期待してるんですこの運用。

ただ、Ploom TECH のタバコカートリッジをずっと買ってるとなんのコスト削減にもならないので一度使ったらシャグなどでリビルドしてどうかって話なのですが…。上手く行けば多分私はVAPE半分やめます、はい。まぁ今ある香料を適当に消化仕切ってからって事になるでしょうけど。

刻んだシャグなどを詰め替えて運用出来るようならもうVG買うだけになりそうで、Takeyamaさんにもぜひチャレンジして欲しいところなんですがww 要するに【効かない】んですよねぇVAPE。たまにガツンとリアタバ吸いたくなりますし。
No.4 Takeyama 投稿日 2017/05/31 18:10
おおー貧Vaporさん、こんにちはお久しぶりです。
そうなんですよ、タバコカプセル5個がリアタバの1箱分を想定しているようで高い。私の感覚だと1箱分に相当する感じでも無いから尚更。実はTECHが付く前のPloomだと貧Vaporさんが想定している使い方が楽に出来たんですよ。ピース1本バラすだけで3日ぐらい吸えました。1箱で60日分、そこそこ美味かったしとんでもないコスパですが直ぐに壊れましたねw

んでタバコカプセルをバラしてみようと試みたのですが、物理的に破壊しない限りは綺麗にバラせる感じしないなぁ。リアタバからシャグを取り出して吸うならヴェポライザーってやつが良さそうですけど、前からちょっと興味あるんですよね。FTとかで売ってるけど壊れやすいというのが引っ掛かりますな。

それと私も自作熱はかなり冷めてます。ただ買っちゃったフレーバーがもったいないから当初作ろうとしていたレシピはやり遂げるつもりですよ!
No.5 貧Vapor 投稿日 2017/06/01 01:21
再びどうも~。
タバコカプセルは上のフィルター部分を取るだけなのでは?? 他所様のブログではそんな感じでしたが…私はさきほどJTに登録済ませて発送先確認なんて意味不明な待たされ中です。大企業様は色々あるんでしょうね。

TECHが付く前のPloomはカプセル形状が違いますね。壊れたとのことですが、TECHが付いた方も本体使うつもりもありませんよ。カプセルだけです。ミスト部分はVAPE(クサノハVG)に任せるつもりです。ヴェポライザーは燃焼させるのであんなことするとタバコと同じでタールが発生してしまうはずです。効くでしょうけどw

トーンダウン云々については私の方のブログコメント欄でw
No.6 Takeyama 投稿日 2017/06/01 18:53
貧Vaporさん、再度こんにちは。
いや~ヴェポライザーでいいなら既にやってるって話ですよね。で、タバコカプセルの分解ですが確かにフィルターのコットンぽいのをコットンフックに引っ掛けたら楽々抜けましたw なるほど、シャグというより粉状にタバコ葉を粉砕したのが入ってますな。

これにシャグ詰めるにしても元々使い捨ての物だし耐久性は悪そうですね。シャグが詰められる金属のドリップチップがあれば近道な気がしますが見た事ないなぁ。貧Vaporさんとしてはどんな感じか確かめたいのでしょうが、きっとガッカリするんじゃなかろうかと。シャグ詰められるドリップチップあればタバコカプセル自体不要だしどこかに無いですかね。
No.7 貧Vapor 投稿日 2017/06/03 21:28
こんばんはー。そう、それなんですよ、耐久性。
とりあえずはPloom TECHのタバコカプセルを利用するしかないのですが、【タバコカプセルのようなもの】でいいんですよね。金属製で壊れないやつ。市販のフィルターを上からかぶせてそれも抜けないように押さえの蓋があったりする感じで。DT職人が作ってくれないですかねw

今日ひとまず【DRAM】と【MANITOU】ってシャグ、フィルターと保湿の石ころを買ってきましたわ。まずそのままのタバコカプセルで試してみて色々検証してみますw
No.8 Takeyama 投稿日 2017/06/04 00:11
貧Vaporさん、こんばんは。
おおー既にシャグ購入済みですか。最近タバコ屋さんも禁煙ブームでどんどん閉店しちゃってシャグ売っているお店って早々ないですよね。自販機も昔と比べて減りましたしねぇ。

DT職人にあったらいいなを要望すると凄い価格になりそう。あまり大きな声じゃ言えないけど量産品のDTをありえん価格で売ってるし期待薄だなぁ。タバコカプセルが届いたら色々と試されるようですが期待してますよー!
お名前 :

サイト内検索
3avape
Efun.top
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事