VAPE JUNKIE
メール
サイトインフォ
AVE40

RBAやろうぜ!3

RBA
RBA、やってみたはいいけど全然リキッドの味が出ないとか直ぐに焦げ臭くなる、ファイアボタン押しても反応しないといったつまずきがありますよね。私も当初は上手くいったりいかなかったりと中々リキッドの味が安定せず、かなりの量のワイヤーやコットン、リキッドを無駄にしました。しかもネットで調べてみてもこれといった原因が分からずYouTubeの解説動画も散々見たのですが全く安定せず途方に暮れる事に。最適なコイルやコットンの設定はアトマイザーの仕様によって当然変わってくるのですが、RBAで共通してつまずく所を自分への備忘録も兼ねて下に書き綴っていきます。

リキッドの味が出ない場合の対処法

何だか渋い味がするとか全く味が出ないという場合、使用しているリキッドの最適なコイルの抵抗値が合っていない可能性があります。リキッドの種類によっては高めの抵抗値で低い出力で吸った方が美味しい物もあれば逆に低めの抵抗値で高い出力で吸った方が美味しい物もあります。コイルの抵抗値を変えるにはコイル径や巻き数を増やしたり減らしたりする事でもある程度は調整出来ますが抵抗値を高める為に径や巻き数を増やすと立ち上がりが遅くなるとかホットスポットが出来やすいといった弊害も出るので限度があります。逆に巻き数が少な過ぎるとコットンに当たる部分が少な過ぎて味が出にくくなる弊害が出る事が考えられます。

抵抗値を変えるのに最も最適な方法はワイヤーの太さと種類を変える方法です。RBA用のワイヤーはそれほど高い物ではないので数種持っていて損はないでしょう。ワイヤーの種類の特徴や太さに関してはRBAやろうぜ!に書きましたが5巻き以上10巻き以下で0.5から1.5Ω辺りまで調整出来れば大概のリキッドに対応出来る筈です。

同じコイルで特に焦げもないのに美味しかったリキッドが不味くなってるという場合、リキッドが劣化して駄目になっている可能性もあります。電子タバコ用リキッドに含まれるフレーバーは光や空気に当てる事で次第に劣化していきます。かといって開封直後が一番美味しいかと言うとそうでもなく内部のフレーバーがVGやPGの液体にしっかり馴染むまでボトル内の空気を入れ替えて一定期間スティープが必要ですが、ピークを過ぎるとどんどん劣化が進む物もあります。そして美味しいピークを過ぎて劣化が進んだリキッドは残念ながら元には戻りません。

焦げ臭い、鉄臭い問題の対処法

この問題にハマルと原因が複雑なので対処するのに苦労します。RTAの場合、タンク内のリキッドがジュースホールを通ってコイル部に供給される仕組みなのでコットン量が多過ぎて供給が足りていないのが最も考えられる原因です。コイルへのリキッドの供給が足らないと自ずとコットンが焦げて焦げ臭い臭いが出ます。その場合は多少の液漏れ覚悟でコットンを少な目に調整して対処してみて下さい。

使っていると直ぐに鉄臭いような臭いが出てくる問題はコイルのドライバーンのし過ぎが原因かもしれません。私は当初、ドライバーンをどの程度して良いか分からずやり過ぎていた節がありすぐにコイルを駄目にしてしまっていました。そもそもコイル装着後のドライバーンは必要なのかという疑問もありますが、通電しているかのチェックとホットスポットが出ていないかの確認程度で軽くやっておくだけで十分だと思います。マイクロコイルの場合はホットスポットが出来やすいのでドライバーンで確認しないと不安ですが、バネ状のスペースドコイルにして一切ドライバーンしないのも一つの手段です。コットンが焦げてないのに焦げ臭い臭いが出てくるのはリキッドの供給不足かドライバーンのし過ぎが大概の原因です。

他、私はコイルの設置位置は極力通気口に近い方が良いと思ってかなり近付けていたのですが、デッキに使われている素材によってはコイル位置が近すぎると嫌な臭いが出てくることがあります。変な味や臭いが出てくる場合は設置位置を少し上げてみるといった方法で改善する可能性があります。

動作しない、通電しない

これは高い確率で単純に内部でショートしていますね。コイルがほんのちょっとでも金属部に当たっているとショートして安全回路により通電が停止されます。コイルを設置して脚の部分を切る際に、ギリギリで切るのがベストですが上手く切れない場合は一旦コイルをデッキから外して切ってから再装着すれば解決する筈です。大体のModはショートの場合はディスプレイの表示やランプの点滅で、それを知らせる機能が付いています。

他に抵抗値がおかしな数値になって動作しない場合もあります。大概はコイルを固定しているネジの緩みが原因である事が多く、きっちりネジを閉め直す事で抵抗値が正常になり動作するようになったという経験が多々あります。直接RBAとは関係ありませんが、MODがアトマイザーを認識しない場合、アトマイザーとの接続を緩めると認識する事もよくありますよね。

内部でリキッドがバチバチ弾ける、はねる

この問題は一時期かなりハマリましたが、コイルに通すコットンをきつめにする事で大概解決します。つまりコイルの内径に対して通したコットンが細くて緩めだと使用時にバチバチとリキッドが跳ねる現象が出ます。具体的な理屈は分かりませんがコイルにコットンを通す際に抵抗を感じるぐらいが最適です。ただワイヤーの種類によってはコイルの形が崩れる事があるので細くて柔い種類のワイヤーで作ったコイルはコットンを綺麗に通すのが難しくなります。ここら辺はクラプトンコイルだと型崩れし難いのでビルドもかなり楽に行えます。

他、自作リキッドの場合はリキッドベースに水分量の多いグリセリンを使用していると、高出力時にそれが原因になる事があります。その場合はベース液に使用するグリセリンを純度の高い物に替えて下さい。

RBAで温度管理機能ってどうなのよ

温度管理機能とはコイルの温度を指定値に保つ機能です。一般的にはTCモードと呼ばれますが直接コイルの温度を計測している訳では無くコイルの抵抗値の変化で温度を推測しているそうです。この機能に何の意味があるかというと、コイルを加熱しすぎるという事もないのでドライヒットを回避出来る点やコイル寿命を伸ばす事が出来るメリットがあり、味を安定して出すのが難しいRBAではそれなりに有効な機能だと思えます。

ただ温度管理機能は最近の製品はかなり精度が良くなってきた印象はありますが安定動作しない製品も多いようです。そもそも温度管理機能は上で書いた通り実際にコイルの温度を計測している訳では無いので必ずしも正確に動作するとは限りません。温度管理機能がしっかり働いている場合、コットンを通してドライバーンしても出力が自動で止まりコットンは殆ど焦げないのですが、製品によってはあっさり焦げる物も。また、TCモード時の出力は華氏200度辺りが目安と言われていますがModと装着しているコイルによっては明らかに出力が高すぎたり逆に弱すぎたりと数値が当てにならない事もあるので、結局私は殆ど使う事は無くなりました。

(掲載日 : 16/05/01)

にほんブログ村

にほんブログ村 ←ランキングに1票を!

No.1 すじ。 投稿日 2016/09/25 04:03
Modがアトマイザーを認識しなくてこの記事の通りアトマイザーの接続を少し緩めたらしっかり動作しました。ありがとうございます!
No.2 Takeyama 投稿日 2016/09/25 08:00
お役に立てて嬉しいです。接続の強弱で認識しないって結構あるんですよね。
No.3 もりやん 投稿日 2017/12/24 00:29
Kayfunを買って約半月。変な臭いに悩まされ続け…
やっと原因がわかりました。焼き入れのし過ぎ!
ありがとうございます。
No.4 Takeyama 投稿日 2017/12/24 09:21
もりやんさん、初めましてお早うございます。
おおーKayfunですか。せっかく高価なアトマイザーを買ったのに味がおかしいでは悲しいですから解決して良かったです!
お名前 :

サイト内検索
3avape
Efun.top
最近の更新
人気記事
最近のコメント
カテゴリ
VAPTIO
HOME
HOME
カテゴリ
カテゴリ
サブメニュー
サブ
人気記事
人気記事